半ヘルにFODSPORTSバイクインカム[M1-S Plus]を取り付けしてみた

半ヘルにFODSPORTSバイクインカム[M1-S Plus]を設置してみたハンターカブ
【高収入♪】出前館配達員募集中!!
20220301demae

\デリバリ―初心者でも時給3,000円可能/

デリバリ―界最高額のmax1,980円!!

こちらの記事では、半ヘルへのインカムの取り付け方や注意点、使用感等の解説をしています。

この記事でわかる事
  • 半ヘルへのインカムの取り付け
  • 取り付けたインカム:FODSPORTS M1-S Plus
  • 取り付け後の使用感[良い点/悪い点]
  • 今回購入した半ヘル:スピードピット CL-950B

ヘルメットやインカムの種類によっては取り付け出来ない可能性があるので、あくまで参考程度にご覧ください。

ジェッペルやフルフェイスへのインカム取り付け解説はよく見るけど、半ヘルの取り付けはあまり見かけないし、今現在も使用していて問題なく使えているので、解説する事にしました。

この記事を書いた人

Uber Eats 配達パートナー(他のフードデリバリーもやってます)。クロスバイクからバイク(ハンターカブ)に乗り替えて埼玉エリアで配達。主にさいたま市内で稼働。2019年6月から開始、今も現役。 週に3~5日程、40~80件。

maki
maki

こんにちは、巻です。
某フードデリバリーでは帽子着用が指定されており、半ヘル+帽子スタイルが楽なので、加えてインカムの取付をする事にしました。

⇓FODSPORTSバイクインカム[M1-S Plus]の記事はコチラ

半ヘルにインカムを取り付けた実際の活用シーン

maki
maki

まずは半ヘルにどんな感じで取り付けているのか見れば大体わかると思うのでお見せします。

結論を先に言いますと、

耳のある半ヘルであれば大体のインカムは取り付け可能

インカムとマイクを耳?の外側に取り付けた

取り付けは簡単だけど、取付位置的に被った時の見栄えは微妙

イヤホンは耳?の裏側に取り付けた

半ヘルの耳?部分はマジックテープが張り付く素材だったので直接くっつけた。何回か付け直しても粘着力が極端に落ちる訳ではないので安心。

耳裏の素材によっては直接貼り付ける事は出来ないが、マジックテープが付属しているのでそこも問題はないと思われます。

取付の際に使用した道具は特になし

取り付けの際に使用した道具や追加で購入したパーツ等はありません。全て付属のパーツで事足りました。

maki
maki

僕はこのヘルメが2個目だったので、インカムを2つのヘルメで使うためにイヤホンとマイクアクセサリを追加購して取り付けています。

インカム取り付け後の使用感【良かった点/悪かった点】

良かった点悪かった点
問題なく使えてる見栄えが微妙
取り付け簡単
30分くらい
イヤホン大き目で
耳が痛い

ヘルメットをかぶった時のインカムの位置が絶妙なぐらいで快適に使用出来ています。

インカム本体もしっかりとヘルメットの耳を挟んでいるので落ちてくる気配もありません

イヤホンの取付位置によっては耳が当たって痛い時がありますが、位置を調節すれば問題なし。

インカム自体の使用感については別記事で解説しています↓

工夫した点
  • 配線が余るので隠す場所を作った
  • 配線がちぎれないよう固定
  • マジックテープがくっつきそうなヘルメを選んだ

イヤホンの配線が長いので隠す場所を作って、また被った勢いでちぎれない工夫をしました。

注意すべき点
  • ヘルメの取扱説明書にいじるなと記載アリ
  • 耳が無い半ヘルにはおそらく取付け不可

僕は配線隠すために耳部分にちょっと切り込みをいれていますが、取扱説明書いわくいじると耐久性が落ちて補償対象外になるそうなので、ヘルメット自体をいじる場合は自己責任で。

今回取付したインカム:FODSPORTS M1-S Plus

maki
maki

他のインカムを使用したことないので比較できないけど、インカムの中では安いし、仕事で1日で8~10時間程つかいっぱでも問題なし。試しに使ってみたい人には手を出しやすいかと思います。

インカム自体の使用感については別記事で解説しています↓

追加で購入したアクセサリ

proの方には使用できないみたいなので注意。

半ヘルへのインカムの取付方法

maki
maki

今回は追加で購入したアクセサリを半ヘルに取り付けているのでその手順になりますが、正規のFODSPORTS M1-S Plusも取り付け方は同じです。

取付パーツ一覧

今回はヘルメットの耳部分にイヤホンを直接貼り付けられるので、右の4つのマジックテープは使用しません。

取付手順

インカムの取付手順
  • STEP1
    インカム本体の取付位置を決める
  • STEP2
    マイクの取付位置を決めてマジックテープを貼る

    マイクの配線が短いので必然とインカム本体と近い場所に貼り付ける事になります。

  • STEP3
    イヤホンの位置を決めて貼る

    実際にかぶっておおよその位置に貼りつけます。(付け直しが出来るのでざっくりでOK)

  • STEP4
    配線を整理する

    配線が長いので隠す場所を作りました。また、被った時に配線がイヤホンからちぎれないように縫って固定しました。

  • STEP5
    実際にかぶってイヤホンの位置を調整する

    実際に使用していると耳が痛くなることがあるので、そしたら微調整していきましょう。

耳のある半ヘルであれば素材が違えど、付属のマジックテープ等を使用すれば取り付ける事ができるかと思います。

maki
maki

最後にインカムを取り付けた半ヘルを紹介して終わりです。

今回インカムを取り付けた半ヘル【TNK工業 スピードピット CL-950B】

SG規格のシールが付いていますし、ゴーグルは取り外し出来ます。アマゾンでの評価もまずまず良いですし、安くて良いですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました