ハンターカブ(ct125)にタンデムシートを取り付け

ハンターカブ(ct125)にタンデムシートを取り付けハンターカブ
【高収入♪】出前館配達員募集中!!
出前館BN

\配達1件最大 2,310円♪/

新規配達員応援キャンペーン実施中!!
(2023/01/25までに登録必須)


こちらの記事では、ハンターカブ(ct125)へのタンデムシート(ノーブランド)の取り付けについてや使用感について解説しています。

この記事でわかる事

【取り付けパーツ

タンデムシート

  • タンデムシート取り付け理由
  • ノーブランドタンデムシートの特徴
  • 乗り心地
  • リヤキャリアへの取付方法
  • 取り付けて良かった点・気になった点
  • その他の候補だったタンデムシート

今回購入したタンデムシートは、アマゾンや楽天で販売されているノーブランドのタンデムシートであり、公式のタンデムシートはありませんのであしからず。

この記事を書いた人

Uber Eats 配達パートナー(他のフードデリバリーもやってます)。クロスバイクからバイク(ハンターカブ)に乗り替えて埼玉エリアで配達。主にさいたま市内で稼働。2019年6月から開始、今も現役。 週に3~5日程、40~80件。

maki
maki

こんにちは、巻です。
ハンターカブカスタムパーツ紹介の第8弾はタンデムシートです。

⇓ハンターカブカスタムパーツ第7弾についてはコチラ

⇓ハンターカブカスタムパーツ13カ所まとめ

タンデムシート取り付け理由

タンデムシートの取り付け理由
  • 女の子を後ろに乗せたい!!
  • 取り外しが比較的楽

後ろに女の子を乗せてドライブがしたい一心で取り付けました。

実際に女の子を乗せてドライブしてますが、控えめに言って最高ですよ。

また、積載重視にする際、タンデムシートは不要になるので着脱が簡単だと便利で◎。

ハンターカブのタンデム感想

後ろに人を乗せて何回かドライブしてますが、今のところ問題なし。

唯一気になる点は、登り坂の角度によってはスピードが出ない時があること。ただ、登れない訳ではないので◎。

あと、タンデムし始めの頃は、信号待ちで若干よろめくくらいですかね。

maki
maki

ハンターカブちゃんは馬力もそこそこあって本当に頼もしいよ。

タンデムシート取付例

あくまで一例ですが、僕の使用例を紹介します。

リヤキャリアにはリヤ延長を取り付けていて、タンデムシートのさらに後ろにはタナックスのミニフィールドシートバッグを取り付けています。

このミニフィールドシートバッグがある事で、タンデムシートに座った際に若干後ろに寄りかかる事ができるのも良いですね。

■アトテツセキサイのリヤ延長

タナックスミニフィールドシートバッグ

タナックスツーリングネット

maki
maki

そんなに大きなシートではないんだけど、場所を取ることもないし座っていて疲れる事も特にないよ。

タンデムシート(ノーブランド)の特徴

タンデムシート(ノーブランド)の特徴
  • ポン付け可能
  • 小さめのシート
  • シンプル
  • ロゴ無し

このタンデムシートの特徴は、小さめでポン付けが可能というところ。

画像には「HONDA」のロゴが付いてますが、現在販売しているシートにはありません。

ポン付けが可能

こちらのタンデムシートは、付属のネジでハンターカブのリヤキャリア部分にポン付けが可能です。

maki
maki

ハンターカブへの取り付けに関してはもう少し下で解説しています。

タンデムシートのサイズ

今回取り付けたタンデムシートのサイズです。

製品サイズ55mm(高さ)×185mm(奥行)×260mm(幅)

他のメーカーから出ているタンデムシートと比べるとやや小さめのデザインになっています。

maki
maki

次にタンデムシートの取り付けについて解説します。

タンデムシート(ノーブランド)の取り付けについて

今回のタンデムシートはリヤキャリアにポン付けする事ができます。

maki
maki

取付に要した時間は約15分程です。

取り付けに必要な物

取り付けに必要な物
  • 六角レンチ

タンデムシートの取付手順

ハンターカブへの取付を実際にみていきましょう。

タンデムシート取付手順
  • STEP1
    取り付け位置の確認

    赤丸部分がタンデムシートから出ている金具部分を通す箇所となっています。

  • STEP2
    リヤキャリアにタンデムシートを乗せる

    リヤキャリアとしっかり平行になるように位置に気をつけましょう。

  • STEP3
    リヤキャリアの裏から付属のネジでとめる

    コの字の金具を挟みながらネジを締めて取付完了。

maki
maki

誰でもできる簡単な取付ですな。

タンデムシートを取り付けて良かった・気になった点

良かった点気になった点
二人乗り
めちゃ楽しい
夏場は
若干蒸れる
取り外しが
比較的楽
最低限のクオリティで
まあまあの価格
手書きのロゴ?

やはりタンデムを楽しめるという点。僕は基本運転側ですが運転者も楽しいし、後ろに乗る人も楽しいと言ってくれています。

今のところ取り外ししたことありませんが、取付が簡単だったので着脱は簡単でしょう。

気になった点は、夏場だと蒸れてしまうという事。人によっては太もも部分に汗ジミが出来てしまっていましたね。

あとは、この手書きロゴ。僕が購入する時は、ロゴ有りか無しかを選べたので有りを選んだらすごい手書き風のロゴでちょっとがっかり。まぁ遠目だとわからないのでいいんですけどね。

今はロゴの有り無しは選べず、どれもロゴ無しバージョンで販売されています。

maki
maki

最後に他にも候補になっていたタンデムシートを紹介して終わりです。

その他の候補だったタンデムシート

購入したノーブランドのタンデムシート以外にもいくつか購入候補があったので紹介して終わります。

ブランドがTWRとあるが、今回取り付けたタンデムシートとおそらく同じもの。

武川のct125専用タンデムシート。今回取り付けたものに比べると大きめで厚さもありしっかりしている印象。値段もタンデムシートの中では休め。

ジークラフトのタンデムシート。大きさ、素材、座る部分の曲線など工夫がされている分値段がやや高め。

TWRのタンデムシート。武川さんのタンデムシートと同じような形をしているけど、サイズが若干小さめ。

TWRのタンデムシート。ステッチのラインがあり、メインのシートデザインと合わせて購入するのがよさそう。

maki
maki

タンデムシートの取り付け、購入の検討材料になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました