現金払い対応時の使用アイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】お役立ちアイテム

こんにちは、配達パートナーの巻(maki_work5)です。

こちらの記事では、僕が現金払い対応時に使用してるアイテムとその運用法について紹介します。

この記事でわかる事
  • 現金対応アイテム一覧
  • アイテムの運用方法
  • いくらお釣りを持てばよいか
  • 実際のお会計の流れ

地域によりますが、配達回数を稼ぐなら現金対応は検討する価値があるかと思います。

巻

インセンティブは確実に達成させたいからね!!

それではさっそくみていきましょう。

この記事を書いた人

クロスバイクに乗り埼玉エリアで配達。主にさいたま市内で稼働。2019年6月から開始、今も現役。 週に3~5日程、40~80件。

まずは使っているアイテムの紹介です。

現金対応で使用しているアイテム

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

僕が現金払い対応時に使用しているアイテムは全部で4つです。

現金対応使用アイテム
  • ポーチ
  • ビニールネットケース3種
  • ハンカチ
  • お釣り

実際の運用シーン

ポーチにお釣りを入れたネットケースとハンカチを入れて使っています。

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

上記の画像のように入れると、ポーチに手を突っ込んで事が済むので楽チンです。

ひとつずつみていきましょう。

現金対応アイテム① ポーチ

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

お会計時にサッとお金を取り出すには、ポーチが一番楽です。

僕はJANSPORTのポーチを使用しています。アマゾンで3,000円くらい。

ポーチが既に家にあるよって方はそれでOK。

中に入れるビニールネットケースが約17cmなのでそれが入るポーチを探していました。

肩もしくは腰につけます。ちなみに防水ではありません

寸法

メインチャック部分:20cm / 外側チャック部分:19cm / 本体(胴体真ん中部分計測):23cm

現金対応アイテム② ビニールネットケース(3種)ダイソー

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

お釣りの硬貨とお札を入れるためのケースです。

ダイソーで購入しました、100円です。

アマゾン等でも販売されてますが、コスト的にダイソーをお勧めします。

赤はお釣り、黒は受け取る現金入れと色で使い分けています。これで後程の計算もしやすくなります。

お札を入れているネットケースのサイズはA6です。小銭のサイズはB7です。

寸法

A6 / 横16,5cm 縦11,5cm,  B7 / 横13cm 縦9,5cm

現金対応アイテム③ ハンカチ

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

雨の日や汗で塗れた手でお札を触るとふにゃふにゃになるので、お会計前に雨や汗を拭く用に入れておいてます。

現金対応アイテム④お釣り

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

かなりざっくりですが僕はこんな感じです。

お釣り5,000円1,000円500円100円50円10円5円1円
枚数1枚10-20枚3-5枚10枚5枚10枚5枚10枚

やや多めですが、これだけ持っておけば足りないという事はないはず。

1円と5円も意外と使います不足しがちなのは500円と50円ですね。

注文者は10,000円まで注文することができる

注文者は最高で10,000円まで注文することができます。

最低でそれに対応できる金額を持っていればOKではあります。(注文者のお会計が550円ならお釣りは9,450円。こうゆう事は稀ですが)

他の候補になったアイテム

コインケース

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

初めはネットケースではなく、このコインケースを使用していました。

ただ、ポーチからわざわざ取り出さなければならないかさばるなどが理由で使用しなくなりました。

現在は、家での現金保管用として使用しています。

こちらのアイテムもアマゾンで販売されていますが、ダイソーの方が安いと思います。

コインホルダー

分類しやすく持ち運びやすそうだったのですが、所持出来る枚数がやや少ないという事で使用は断念。

トレー

お金を受け取る際にトレーがあると、金額の確認がしやすいです。

ここまでが現金対応アイテムの紹介でした。

巻

次は、現金払いの接客の流れについて解説するよ!

現金払い対応の流れ

まだ配達をした事がない人の為に、配達時の流れを説明すると、

配達時のSTEP

お店から料理を受け取って注文者の元へ向かいます。

  1. 注文者の所に到着
  2. 車両の駐車
  3. スマホを車両から取り外す
  4. 部屋番号&支払金額確認
  5. 玄関へ向かう
  6. チャイムを鳴らす
  7. お会計
  8. 料理を渡す
  9. 挨拶して配達完了

ザっとこのような流れです。

↓注文の受付から配達までの流れを知りたい人はコチラ

7のお会計をもう少し細かく見てみます。

実際のお会計時の流れ

お会計の流れ

注文者が出てきたら、

  1. 「こんにちは、Uber Eatsです。」
  2. ニコっと笑顔
  3. 「お先にお会計よろしいでしょうか。」
  4. スマホの支払金額画面を提示「〇〇円です。」
  5. 代金を受け取る
  6. お釣りを渡す
  7. 料理を渡す
  8. 「有難うございました、失礼します」
  9. アプリの配達完了をタップ

次の配達へ。

僕はこの流れで接客とお会計をしています。

会計時のポーチ

現金払い対応時に使用しているアイテムと運用法の紹介【Uber Eats配達パートナーメモ】

支払い料金を受け取ったら黒のネットケースへ。

お釣りがあれば赤のネットケースから取り出して渡して完了です。

支払金額画面

配達パートナーの画面には注文者がお支払いする金額が表示されているので、これを直接注文者にみせましょう。

お釣りの計算について

僕はスマホの機能である電卓を使用しています。

慣れないうちは簡単なはずのお釣りの計算を間違えたりとアタフタしてしまうので、電卓の使用をお勧めします。

お会計と料理の手渡しはどちらが先?

僕の場合ですが、先にお会計を済ましています

理由は、先に料理を渡すと注文者は手が埋まるのでいったん料理を置きに行くことが多いからです。

現金払いの注意点

現金払いの注意点
  • 現金は増え続ける
  • お釣りの管理が大変
  • 雨の日の配達との相性が悪い

注文者から現金を受け取るので、基本は現金が増えていきます。

特に小銭が増えるので、管理が大変です。

増えた小銭は使用して消費するか、銀行へ行って両替をしてもらう事になります。

また、雨の日に現金対応すると、お札の取り扱いに注意しないとフヤフヤになって最悪破れてしまう事もあります。

現金払い対応をする理由

現金払い対応にする理由
  • 埼玉エリアは現金払いの人が多い
  • 配達回数を稼ぎたい

主にこの2つが理由です。

埼玉エリアは現金払いの注文者が多いです。体感は4割以上。

あとは、指定された配達回数を達成するとインセンティブが貰えるので、現金対応にして配達回数を稼いでいます。

巻

これで現金対応アイテムと運用法の紹介はおしまいです。 皆さんの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました