Uber Eatsの配達の流れを解説【注文受付から料理のお渡しまで】

Uber Eatsの配達の流れを解説【注文受付~料理のお渡しまで】Uber Eatsの配達に興味がある人向け

こんにちは、巻です。この記事ではUber Eatsの配達の流れ(注文の受付から料理のお渡しまで)を解説しています。これから配達を始めようかなと考えてる人向けの記事となっています。

Uber Eatsの登録を済ませ、必要な道具も揃えたらいよいよ実際に稼働です。それでは早速、配達の流れをみていきましょう。

Uber Eatsの配達の流れを把握しよう

大まかな配達の流れ
  1. 【アプリ操作】アプリを起動してオンラインにする
  2. 注文が入るまで待機
  3. 【アプリ操作】注文が入ったら承諾ボタンタップ
  4. 料理を受け取りに店舗に向かう
  5. 店に到着したら料理を受け取る
  6. 【アプリ操作】店の対応評価をして配達開始
  7. アプリに表示された配達先へ向かう
  8. 注文者へ料理をお渡し
  9. 【アプリ操作】注文者の評価をして配達完了

これの繰り返し!覚えてしまえばすごく簡単な作業です。とは言われても、これだけじゃまだイメージがつかないよ!という方の為に、一つずつ細かく見ていきましょう。

①【アプリ操作】アプリを起動してオンラインにする

Uber Eatsのアプリを起動すると、上記写真の左のような画面が出てきますので、出発ボタンをタップしてオンライン状態にしましょう。これで注文を受け付けている状態になります

上記の右画像が注文を受け付けている『オンライン状態』になります。

②注文が入るまで待機

オンライン状態にしてもすぐに注文が入る訳ではありません(場所や時間帯によります。)。注文が入るまでは基本待つことになります。

公園で待機するのもよし、配達車両で街を徘徊するもよし。Uber Eats加盟店舗が自宅の近くにあるなら、自宅で待機してももちろんOKです。

③【アプリ操作】注文が入ったら承諾ボタンタップ

注文が入ると『ピコンピコン』と音が鳴り、上記左のような画面が出てきます。注文を受けるなら、カバンマークボタンをタップして注文を受け付けます

注文受付画面には時間制限があり、約1分程で消えてしまうので注意しましょう。

④料理を受け取りに店舗に向かう

注文を受け付けると、上記左のように料理を受け取る店舗が表示された画面が出てきます。この画面か、道が不安な人はグーグルマップを開いて目的の店舗を目指します

上記画像では、黒枠部分をぼかしていますが、ここには店舗名と住所が記載されています。

※ 店舗へ向かう途中で追加注文が入る事がある

お店に向かっている途中でも注文が入る事があります。これはダブルと言われており、別の注文者が同じお店に注文した際に入る事があります。配達になれていない人は、拒否して構わないでしょう。

⑤店に到着したら料理を受け取る

お店に到着したら、注文番号を伝えて料理を受け取りましょう

その際に『レストランからの注意事項』を必ずチェックして、入店方法や料理の受け取り方を確認しましょう。よくあるのは、店内に配達バッグの持ち込み禁止などがあります。

⑥【アプリ操作】店の対応評価をして配達開始

料理を受け取ったら、配達バッグに入れましょう。配達中に料理がこぼれてしまわないよう、緩衝材をうまく使って固定します。

アプリ内では、上記写真左のように操作を行って配達を開始します。

⑦アプリに表示された配達先へ向かう

配達開始するボタンをスライドしたら、お届け先が表示されます。この画面で出発しても良いですし、ナビが欲しい人は、グーグルマップを開いてお届け先を確認して向かいましょう。

グーグルマップは、上記写真左の右下にある『▲ナビ』ボタンをタップすると自動的にグーグルマップに飛び、住所も自動で入力してくれます

※ 配達途中で次の注文が入る事もある

ピークタイム時では、注文者の元へ向かっている途中に次の新しい注文が入る事があります。配達の常連さん達は、これを受けて効率よく注文をさばいて稼いでいます。

⑧注文者へ料理をお渡し

Uber Eatsの配達の流れを解説【注文受付から料理のお渡しまで】

注文者の元に着いたら、アプリ内の情報と建物名や住所が合っているか確認をします。一軒家の場合は注文者名の苗字などを参考にすると良いです。

チャイムを鳴らし、注文者に会ったら「こんにちは!Uber Eatsです!」と笑顔で元気よく挨拶し、料理を渡します。注文者との絡みはこれだけ。個人的に、特に細かい説明などはいらないと思います。ポイントは笑顔ですね、これさえあればOK。

⑨【アプリ操作】注文者の評価をして配達完了

料理を渡して配達完了ではありません。最後に、プリ内で注文者の評価を行って配達済みボタンをスライドしてやっと配達が完了です。

次の注文が入っていればお店に向かい、入っていなければ注文が入るのを待つ工程に戻るだけです。

Uber Eatsの登録について

Uber Eatsの配達パートナーは、WEBで事前登録してパートナーセンターにてバッグの受け取りを行えばすぐに稼働することができるので、敷居が低いお仕事と言えます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の登録がまだ済んでいない人はコチラ

Uber Eatsって?

Uber Eats で料理を注文すると、レストランから配達パートナーがお届けするフードデリバリーサービスです。

注文者は注文アプリを使って料理を注文することができます。また、配達パートナーも配達用の専用アプリを使用して配達を行いますが、雇用形態は個人事業主扱いになるので、そこだけは注意しましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました