Uber Eatsと出前館どっちが稼げる?現役配達員のお勧めは

出前館配達員
この記事は約20分で読めます。
本ページは一部プロモーションを含みます。掲載内容は予告なく変更される場合があります。

Uber Eatsの配達に慣れてくると、他のフードデリバリーにも興味を持ってきますよね。

そこでこちらの記事では、Uber Eatsと出前館配達ではどっちが稼げるか?現役配達員5年目の筆者が忖度無しに徹底解説します。

また、2社の報酬や特徴、エリア、保険など、細かい点も徹底比較しています。

この記事でわかる事

\2024年最新/
Uber Eats出前館を徹底比較!!

  • 4社登録して稼働している筆者の答え
  • Uber Eatsと出前館の良い点悪い点を比較
  • 2社の1件報酬&報酬の仕組みを比較
  • 2社の特徴を比較

※ なお、比較項目は、報酬の仕組み/働き方/エリア/営業時間/保険/特徴/登録方法についてとなっています。

この記事を書いた人

フードデリバリー配達パートナー(Uber Eats/Wolt/出前館/menu)。クロスバイクからバイク(ハンターカブ)に乗り替えて埼玉エリアで配達。主にさいたま市内で稼働。2019年6月から開始、今も現役。 週に3~5日程、40~80件(筆者の直近Uberの売上について)。

⇓Uber EatsとWoltの徹底比較記事

maki
maki

この記事を読んでいる人は、Uber Eatsの配達を経験している人が多いと思うけど、出来るだけ未経験の人にもわかるように心がけて解説しています。

Uber Eatsと出前館どっちが稼げる?【結論】

まず、結論を先に言いますと…

Uber Eatsと出前館どっちが稼げる?結論

安定して稼げるのはUber Eats
地域とタイミングによっては
出前館も稼げる

  • 1件報酬が高いのは出前館
  • 全国で注文数が多いのはUber Eats
  • 報酬制度が充実しているのはUber Eats
  • イベント時に稼げるのは出前館

筆者はUber Eatsをメインに
隙間で出前館を稼働させて稼いでいます
どちらかに絞る必要はなく
どっちも稼働するのがコツ

Uber Eatsと出前館のどっちが稼げるかといったら、安定して稼げるのはUber Eatsです。

やはり全国で注文量が多いのはUber Eats、いくら1件報酬が高くても注文が入らなければ意味がありません

送料無料等のイベント時や地域(東京23区内等の大都市)によって出前館も引けを取らない注文数があるのでアリです。

筆者はフードデリバリーを約5年続けていますが、出前館だけをやっている人はあまり見かけたことがないですね。

maki
maki

次に、2社の良い点と悪い点をまとめて比較したのでみていきましょう。

Uber Eatsと出前館のメリットデメリット

Uber Eatsのメリットとデメリット

メリットデメリット
回転率良い
3~5件/1時間
単価低い
400円
特別報酬が充実特別報酬に依存
注文数が
安定している
ダブル、トリプル案件が
頻発
1.000円越えの
案件がたまにある
アプリが使いやすい

Uber Eatsの一番の良い所は、やはり注文数が安定しており1時間にさばく件数が多い事が言えます。

また、プロモーション(旧インセンティブ)が充実している事もメリットと言えますが、これが逆にデメリットとなる事もあります。

maki
maki

個人的にはクエストに依存して、どうしても指定回数をやらなくてはならないと気になってしまう事があります。

あと、Uber Eatsは注文数と配達員数のバランスによって単価が大きく変動するので、これをうまく利用できれば1.000円越えの案件(まぐろ案件)が取れたりしますが、逆に最低単価の300円(スリコ)が頻発してしまったりという事があります。

個人的に最近のUber Eatsが嫌な点として、ダブルやトリプル(注文をまとめて受ける事)注文が多く、数はさばけるもののお客様を待たせてしまったりでややストレスが溜まりやすい事です。

出前館のメリットとデメリット

メリットデメリット
1件が高単価
450~800円
イベントが無い日の
注文数にムラがある
ブースト適用で
1件1,000円越えも
回転率が悪い
イベント時は
注文が増える
任意保険の加入必須
(自転車以外)
ダブルピックが
効率良い
複数の車両登録可
(すぐに変更可)

良い所はそもそもの1件報酬単価が高いという事、また、ブーストが付いた時間帯は時給2~3,000円を叩き出す事ができるのも魅力と言えます。

ダブルピックも出前館のメリットと言えます。Uber Eatsのダブルとは違い、割安な案件ではないので積極的に狙っていく事をお勧めします。

また、出前館は他のフードデリバリーに比べてエリアが広いので、比較的どの地域に住んでいても配達をする事が出来ますし、複数の車両を登録できてその日の気分で車両を変更して配達できるのは大きなメリットと言えます。

次にデメリットですが、出前館は普段の日の注文数にムラがあるのと回転率が悪い事がデメリットと言えます。(東京などの大都市除く)

出前館の回転率が悪い理由

Uber Eatsは注文を受付けてお店に向かうと料理は出来ている事が大抵なのですが、出前館は料理が出来上がっていない事が多くあるので、おそらくアプリの仕様の違いにより時間のロスが出てくるのでしょう。

maki
maki

筆者はメインでUber Eats出前館を、雨の日にはUber EatsとWoltを同時稼働させて稼いでいます

\Uber Eatsと掛け持ちして上手に稼ごう/

[PR]

↓【出前館の稼ぎ方】上手に稼ぐ11のコツを現役配達員が解説

2024年現役配達員達がしている稼ぎ方

Uber Eats出前館
2~3社掛け持ちがお勧め

現役配達員の
フードデリバリー掛け持ちはスタンダード

2024年現在、多くの現役配達員はこの掛け持ちをし、2~3社の良い所を上手く使って稼いでいます。

Uber Eatsか出前館のどっちかを稼働というより、同時稼働させて稼いでいます

3社4社(Woltやmenu)と掛け持ちして配達している人もいるくらいです。

特に、4月~6月、9月~10月等の閑散期は掛け持ちは有効な手段と言えます。

maki
maki

筆者はUber Eatsと出前館をメインにしながらWoltを隙間に上手く稼働させているよ。

プロモーション(特別報酬)が良い会社を優先して稼働したり、地域の需要と供給によって掛け持ちスタイルは変わってくるかと思います。

掛け持ち参考例

地域の需給や
プロモーションによって
掛け持ちスタイルを変えていこう

  • 週末…Uber Eats出前館
  • 雨の日…Uber EatsWolt
  • 平日…Uber Eats出前館Wolt

例えば、雨の日は雨の特別報酬が出るUber EatsとWolt、イベント時や週末はUber Eatsと高単価な出前館、平日は全て稼働させるなど。

地域の需要と供給によって掛け持ちスタイルは変わってくるかと思います。

⇓フードデリバリー各社の特徴を一覧でわかりやすく解説

maki
maki

改めてUber Eatsと出前館の違いをみていきましょう。

Uber Eatsと出前館の比較

Uber Eatsと出前館報酬の違いを比較

Uber Eatsは配送料とプロモーションを合算し手数料を差し引く報酬体系ですが実際はブラックボックス、出前館は配達距離や需給によって報酬額が変わる報酬制度となってます。

項目Uber Eats出前館
報酬単価単価低い
平均報酬単価
450円
単価高い
平均報酬単価
600円
1件の
配達報酬
相場
300~600円450~800円
1件の
配達報酬
計算式
ブラックボックス
配送料 + チップ
基本報酬× ブース
配達
回転率
回転率良い回転率普通
イベント時は注文増える
件数/時間3~5件/1時間2~3件/1時間
イベント時
3~4件/1時間
プロモーション
(特別報酬)
充実1つ
注文数多いややムラあり
時給換算1,500~2,000円1,300~2,300円
安定性
特徴プロモーションと
組み合わせて
回転率で稼ぐ
繁忙期はブースト倍率高め
ダブルピックで効率UP
イベント時は注文増える

上記表を1つずつ見ていきます。

1件の配達報酬の比較

項目Uber Eats出前館
1件の
配達報酬
相場
300~600円450~800円
報酬単価単価低い
報酬単価
450円
単価高い
報酬単価
600円
1件配達
報酬
計算式
ブラックボックス
配送料 + チップ
基本報酬× ブース

1件の報酬単価だけでみると、高いのは『出前館』

出前館の週末のピークタイムやイベント時は、1件の報酬単価が〇倍になるので筆者も積極的に配達を行っています。(〇倍になる出前館のブーストについてはもう少し下で解説)

Uber Eatsの報酬計算式

Uber Eatsは配送料とプロモーションを合算し手数料を差し引く報酬体系ですが実際はブラックボックス

Uber Eatsの報酬計算式

報酬額 = 配送料 + チップ
配送料 = 基本金額 + 配達調整金額)

Uber Eatsの報酬例

例:1件の配達、配達距離で3.2km

449円 = 449円 + 0円

配送料が449円チップが0円。

⇓Uber Eatsの報酬についてもっと詳しく知りたい人はコチラ

出前館の報酬計算式

基本報酬とブーストは全国一律となっています。

出前館配達1件の報酬計算式

基本報酬 × ブースト

出前館の配達報酬例

600円 = 400円 × 1.5

基本料金が400円、ブーストが1.5倍。

⇓出前館の報酬についてもっと詳しく知りたい人はコチラ

報酬制度の比較

項目Uber Eats出前館
報酬体系完全出来高制完全出来高制
時給
換算
1,500円~2,000円1,300円~2,300円
プロモーション充実1つ

報酬制度に関しては、Uber Eatsの特別報酬が優秀と言えるでしょう。

①プロモーション(特別報酬)の違い
会社プロモーション
Uber Eatsクエスト指定された配達件数をこなす
ブースト…1件の配達料金が〇倍UP(1.1~1.9倍)
シミ…1件の配達料金が+〇円UP(+100円~)
チップ…お客様の気持ち+〇円UP(+1円~)
出前館ブースト1件の配達料金が〇倍UP(1.1~3倍)

Uber Eatsは①クエストが重要出前館は②ブーストが重要となります。

Uber Eatsのプロモーションについて

Uber Eatsはクエストが上手に稼ぐためのカギとなります。

1週間にUber Eatsから指定された件数をこなすと、追加で〇円が貰える追加報酬です。

ほぼ毎週出るので、これを1週間の配達件数の目安にしている人が多いです。

Uber Eatsのクエストの表示例

2022/06/27- 7/4に埼玉エリア、自身のアカウントに出たクエストです。
(※ 報酬は時間、地域、プロモーションによって異なります)

6/27から7/4の間で、30件配達完了したら+3,000円、+10件配達完了したらさらに+1,000円(合計4,000円)、+10件配達完了したらさらに+3,500円(合計7,500円)追加で報酬をもらえます。

熟練の配達パートナーはこれを使って上手に稼いでいます。

Uber Eatsのプロモーション(旧インセンティブ)についてはコチラ↓

出前館のプロモーションについて

出前館はブーストをうまく利用する事が稼ぐカギとなります。

ブーストは、時間帯、注文数や配達員の需給バランス等を加味して算定されます。

maki
maki

ちなみに埼玉エリアでよく見かけるブーストは、週末(土日)や祝日の11:00~13:0017:00~19:00で、1.3~1.6倍をよく見かけるよ。

ブーストが加算された報酬例

お店から注文者までの距離が3.3kmだった場合

(600円 + 150円) × 1.6= 1,200円

悪天候や繁忙期では、上記のような報酬額の注文も見られます。

加えてダブルピックでさらに効率を上げよう

出前館でダブルピックをすると1件ずつ運ぶよりも時短が狙え、効率よく配達できるので報酬が加速します。

出前館のダブルピックは、Uber Eatsのダブル(割安な案件)とは異なり、1件目と同等額の注文になるので積極的に狙っていきましょう。

繁忙時期の年末年始等はブースト2~3倍以上もあるので、直前であたふたする前に事前に登録を済ませておく事をお勧めします。

\イベント時のブーストで上手に稼ごう/

[PR]

⇓出前館のブーストについて

注文数の比較

項目Uber Eats出前館
注文数多いムラあり
件数/時間3~5件/1時間2~3件/1時間
⇓イベント時⇓
3~4件/1時間
配達回転率回転率良い回転率悪い
イベント時は注文増える

稼げるかどうかのカギは報酬単価も大事だが
1番大事なのは『注文数』

いくら報酬単価が高くても注文数が少なくて回転率が悪ければ意味がありません。

やはりUber Eatsに市場のシェアを大きく取られている為、Uber Eatsと比べてしまうと出前館の注文数は少ない傾向にあります。

出前館は、イベントがない平日などは注文数にムラがありますが、送料無料等のイベントがあるとUber Eatsと同じくらい注文数があり加えてブーストの倍率も高くなる傾向があります。

注文数は地域差がかなりあるので、筆者が稼働している埼玉ではこのようなデータになっていますが、その他の地域は実際に稼働して確認してみる事をお勧めします。地域によっては出前館の方が注文数が多いところもあるかもしれません。

⇓出前館は雨の日が稼ぎ時!稼ぎ方と雨の日対策を現役配達員が解説!

maki
maki

出前館は、送料無料イベントなどの時は注文数が多くて、ブースト倍率が高いので、その時に稼働するのがお勧めだよ。

また、出前館は上記で説明したブーストに加えてさらに1件毎の配達が最大1.5倍になるキャンペーンを行っているので、これを上手く活用して短期間で稼ぐことが出来ます。

⇓出前館の新規登録キャンペーンについて

Uber Eatsと出前館の報酬以外の違いを比較

比較項目
  1. 特徴&働き方
  2. エリア
  3. 営業時間
  4. 保険
  5. 登録方法について
maki
maki

上記5項目から両社を比較します。

①特徴&働き方の違い

Uber Eats出前館
業務形態業務委託契約社員
アルバイト
業務委託
服装自由基本自由
サンダルやハーフパンツ
不可などの若干の指定アリ
現金対応
しなくてもOK

しなくてもOK
他社
掛け持ち
OKOK
保険×
+自分で加入必須
(自転車以外)
配達バッグの支給自分で用意自分で用意
他社のバッグならロゴ隠す
アプリの使いやすさ
配達依頼アプリの采配アプリの采配
+ 自分で早押し
営業時間24時間
地域によって誤差アリ
7:00-23:00
地域によって誤差アリ
支払日翌週払い月2回(5日/20日)
使用できる車両自転車
125cc以下バイク
125cc以上バイク
(事業用車両)
軽貨物車
(事業用車両)
自転車
125cc以下バイク
125cc以上バイク
(事業用車両)
軽貨物車
(事業用車両)
登録方法ネット上で完結ネット上で完結
その他複数の車両登録可
(すぐに変更可)

重要な項目の補足をしていきます。

服装
  • Uber Eats…基本自由
  • 出前館…サンダルやハーフパンツ不可などの若干の指定あり

出前館の帽子の着用が任意になりました。

基本的に2社とも服装は自由です。

他社掛け持ち

他社のデリバリーサービスとの
掛け持ちが両社共OK

Uber Eatsをメインに稼働して合間に出前館を稼働という事が可能となります。

配達依頼
  • Uber Eats…自動采配
  • 出前館…自動采配+早押し

Uber Eatsはアプリが注文を自動で采配してくれるので順に注文が入ってきます。

⇓Uber Eatsの配達の流れ&やり方を解説

出前館は采配システムに加えて早押し制も導入されているので、自動で注文が入ってくる+自分で早押しして注文を獲得することになります。

⇓出前館で上手に稼ぐコツ

⇓格安SIM(マイネオ)でもUber Eatsや他のフードデリバリーはできる?

maki
maki

次に、エリアについて解説します。

②Uber Eatsと出前館のエリアの違い

2024年現在、配達パートナーとして働ける都道府県は以下になります。

Uber Eats出前館
エリア全国47都道府県
利用できない
市町村あり
全国47都道府県
利用できない
市町村あり

Uber Eatsと出前館共に利用できない市町村はありますが、全国展開されています。

出前館の方がUber Eatsに比べ、どの都道府県でもエリアが広い傾向にあります。

Uber Eatsのエリアや営業時間についてはコチラ↓

出前館のエリアについてはコチラ↓

maki
maki

次に、営業時間について解説します。

③営業時間の違い

両社の営業時間(配達可能時間)です。

Uber Eats出前館
営業
時間
24時間
地域によって誤差アリ
7:00-23:00
地域によって誤差アリ

Uber Eatsは地域によって異なりますが、24時間営業(都市部を中心に24時間)です。

出前館も地域によって誤差がありますが、大抵の地域が7:00-23:00となっています。

深夜に稼働したい人は、営業時間の長いUber Eatsがお勧めです。

maki
maki

次に、2社の保険・補償の違いについて解説します。

④保険・補償の違い

まずは、2社の補償の有り無しの表をみていきましょう。

Uber Eats出前館
業務中/自分
傷害補償

傷害補償
業務中/相手
対人対物
賠償責任補償
業務外/自分
業務外/相手

Uber Eatsは「業務中」のみ補償されていますが、出前館には「業務中」で「自分」への補償しかありません。

「業務外」とは?
  • 業務外…配達リクエストを待っている「待機中」だったり、その待機場所へ向かう際中を指します。

※ 各社によって若干変わってくるのであくまで参考程度に覚えておいてください。

傷害補償の内容と限度額の違い
傷害補償

配達中、もしくは配達完了後15分以内の事故により配達パートナー自身が障害を負った時に支払われる補償。

補償内容Uber Eats
(限度額)
出前館
(限度額)
医療見舞金50万円25万円
死亡見舞金1,000万円1,200万円
葬式費用100万円なし
後遺障害
見舞金
1,000万円1,200万円
入院見舞金7,500円/1日
(60日間)
7,500円/1日
(90日間)
配偶者
被扶養者への
見舞金
15万円なし
入院一時金ヘルメット装着時:2万円
ヘルメット非装着:5,000円
なし
手術一時金入院手術:7万5,000円
外来手術:3万5,000円
なし

出前館はUber Eatsに比べ、補償の数が少ない傾向にあります。

対人対物賠償責任の補償内容と限度額の違い
対人対物賠償責任

配達中の事故により、他人を死傷、他人の物品を壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償。

補償内容Uber Eats
(限度額)
出前館
(限度額)
対人1億円なし
対物1億円なし

対人対物賠償責任は、Uber Eatsは給付限度額が1億円あるのに対し、出前館には対人対物賠償責任の補償がありません。

基本的に出前館には補償がない
出前館の配達を業務委託で
やるなら保険への加入が必須(自転車以外)

maki
maki

出前館の大きなデメリットとなるかもしれませんが、保険への加入条件の敷居はそこまで高くないので簡単な保険でも登録審査は通る事が出来ます

⇓出前館に使える無料保険の紹

⇓出前館の業務委託配達員は任意保険が必須!お勧めの保険紹介

maki
maki

次に、採用条件や登録方法の違いについて解説します。

⑤登録方法の違い

Uber Eats出前館
採用
条件
・18歳以上
・日本国で就労可能である事
・銀行口座がある
・身分証明書がある
・18歳以上
保険の加入(自転車以外)
・日本国で就労可能である事
・銀行口座がある
・身分証明書がある
登録
方法
・採用面接なし
WEB説明会のみ
・採用面接なし
・WEB説明会
簡単な研修とテスト
拠点にて本登録
登録から稼働まで
の日数
最短1日~5日程度・最短1日~5日程度

どちらもWEB説明会のみで登録

採用条件の違いは大してありませんが、先ほども言いましたが出前館には保険の加入が必須(自転車以外)となります。

出前館の登録時
自転車は任意保険が必須ではなくなりました

出前館のFAQにもしっかりと記載されています。

出前館のチャットボットFAQで問い合わせたところ、上記の文章が返ってきて、『任意保険の加入が必須ではありません』との記載がありました。

結果、自転車登録の場合、任意保険無しでも登録できるようになっているので、保険が不要な人は出来るだけ早く配達をする為に登録を済ませておきましょう。

[PR]

登録方法はどちらもWEBの説明会がメインとなり、出前館はその後拠点に出向いて本登録をする必要があります、 出前館もWEB上で登録が完結するようになっています。

maki
maki

出前館には研修やテストがありますがとても簡単でした。

Uber Eatsの登録手順についてはコチラ↓

出前館の登録手順についてはコチラ↓

出前館よりUber Eatsのほうが安定して稼げる理由

Uber Eatsが安定して稼げる理由
  • 注文数が圧倒的に多い(国民に認知されている)
  • 1時間にさばける件数がフーデリの中で一番
  • プロモーションが充実している

いくら報酬が高くて魅力的でも実際に注文が入ってこないと稼ぐことは出来ないので、やはり注文が安定して入ってくるUber Eatsは一番稼ぎやすいフードデリバリーと言えます。

また、Uber Eatsはプロモーションが充実している(日跨ぎクエストや雨クエスト、ブースト等)ので、稼ぎやすいです。

フードデリバリーは雨の日が稼ぎ時!稼ぎ方と対策を解説!売上も公開↓

お勧めの稼ぎ方はUber Eatsと出前館を掛け持ち

Uber Eats出前館
2~3社掛け持ちがお勧め

現役配達員の
フードデリバリー掛け持ちはスタンダード

各社のプロモーションで使い分けて上手に稼ぐ

2024年現在、多くの現役配達員はこの掛け持ちをし、2~3社の良い所を上手く使って稼いでいます。

3社4社(出前館やmenu)と掛け持ちして配達している人もいるくらいです。

maki
maki

筆者はUber Eatsと出前館をメインにしながらWoltを隙間に上手く稼働させているよ。

プロモーション(特別報酬)が良い会社を優先して稼働したり、地域の需要と供給によって掛け持ちスタイルは変わってくるかと思います。

掛け持ち参考例

地域の需給や
プロモーションによって
掛け持ちスタイルを変えていこう

  • 週末…Uber Eats出前館
  • 雨の日…Uber EatsWolt
  • 平日…Uber Eats出前館Wolt

例えば、雨の日は雨の特別報酬が出るUber EastとWolt、天気の良い週末はUber Eatsと出前館、平日は全て稼働させるなど。

地域の需要と供給によって掛け持ちスタイルは変わってくるかと思います。

\Uber Eatsと掛け持ちして上手に稼ごう/

[PR]

Uber Eatsの基本報酬についてはコチラ↓

出前館の基本報酬についてはコチラ↓

maki
maki

結論が少し長くなってしまいましたが、現状のフードデリバリー事情をお伝えしたかったので先に結論を解説しました。

改めてUber Eatsと出前館のその他の違いもみていきましょう。

Uber Eatsと出前館どっちが稼げる?【まとめ】

Uber Eatsと出前館どっちが稼げる?まとめ
  • 安定して稼げるのはUber Eats
  • 1発が大きい(1件1,000円以上)は出前館
  • 慣れたら掛け持ちで上手に使い分ける
  • 配達初めての人はUber Eats

プロモーション(特別報酬)と合わせて回転率良く稼ぐのがUber Eats、安定して稼げるので初心者にお勧めです。

配達初めての人はまずはUber Eatsから

[PR]

出前館は、ブースト(特別報酬)の1発が大きくダブルピックが効率良いので、Uber Eatsと掛け持ちして時間帯で高時給を狙っていきましょう。

現役配達員のUber Eatsと出前館の掛け持ちはスタンダードです、日や時間帯で使い分けて上手に稼ぎましょう。

\Uber Eatsと掛け持ちして上手に稼ごう/

[PR]

maki
maki

少しでも、これからUber Eatsや出前館の配達を始めようと検討している人のお役に立てれば幸いです。何か気になる事があったら、気軽にコメントや質問を残していってくださいね!

コメント